BMWミニを高く売る査定方法

BMWミニは、人気が高い車種で、外車、輸入車としても販売台数も多く専門店も有ります。
ミニと言えば、2000年まではBMCミニとしておなじみのデザインのミニも未だに中古車市場で需要が有ります。

 

今回紹介のmini(ミニ)は、2001年からBMWから発売されたミニで、コンパクトなデザインで人気が車種ですね!
街中で見かけない日がないほど、人気があるモデルだと思いますが、中古車として売却する際には、業者間で査定価格の差が出やすい車種だと言えます。

 

年式、走行距離にもよりますが、査定価格の差が、20万円以上になることも少なくなく、売却先を間違えると20万円以上損をすることもあります。
ミニ(mini)は、専門店も多くミニの中古車だけを扱う業者も都市部では多くあります。
ミニ専門の中古車店が近くにある場合には、専門店の査定を取りましょう!
ここで注意が必要です、ミニの専門店だからと言ってもミニの中古車を高く買取してくれるとは限りません。

 

ミニの売却は、ディーラーや中古車店、車買取業者になると思います。どこの業者が高く買ってくれるかは、査定に出す時期などでも変わると思います。
ミニに限らず、中古車の売却は、売却する中古車を探している業者、買取たい業者を探すことが出来れば、査定価格も高値が付きやすいと思います。

ミニは中古車市場でも需要が多く、中古車販売価格の値崩れも少ない車種ですので、買いたいと思う業者も比較的多いと思いますが、実際に探すとなると難しいと思います。

 

そこで役立つのが、ネットの中古車査定サイトです。特に大手の一括査定サイトは、全国に多くの中古車を扱う業者と提携しているので、売却する中古車の買取に積極的な業者を探すことが出来ます。

 

2001年からBMWから発売されているミニは、初代モデルでは発売から年数も経ちますが、売却は可能です、もっと言えば、BMWminiの前モデル、ローバーミニの中古車もまだまだ需要が高く、売却が可能です。

 

ミニ、ミニクーパーなどminiシリーズは、年式を問わず、売却出来るモデルだと言えます。

 

ミニ、miniの売却をお考えで、少しでも高く売りたい、納得できる査定価格を引き出したいと思われているのなら、ネットで簡単に出来る車買取一括査定サイトの利用です。
日本車の中古車だけの査定と思われている方も多いようですが、輸入車、外車の買取でも複数査定で高価買取査定が期待できます。
ミニ、ミニクーパーの売却を検討されている方、少しでも高値査定を引き出したい方におすすめの車買取一括査定サイトを紹介しています。全国ほとんどの地域をカバーするサービスで、もちろん完全無料でご利用頂けるサービスのみ紹介しました。

 

ミニ・miniの中古車買取査定に強い車買取一括査定サイト

 

 

輸入車、外国車の一括査定でも実績が豊富で、利用者も満足度も上々の車買取一括査定サイトのかんたん車査定ガイド
厳選して業者と提携しているので、無駄な査定業者を避けることが出来ます。
中古車の一括査定サイトは、登録後に多くの業者から電話が掛かってきます。かんたん車査定ガイドでは、最大10社の査定に制限することで無駄な査定を出来るだけ避けるようにしています。

 

BMWミニの査定でも実績があり、高値査定を出す業者を探すことは可能です。大手車買取チェーン店や大手中古車販売店、地域に密着した中古車店、専門店など豊富な提携業者から査定依頼が来るのは魅力で、ミニを高く売る為にはミニを買いたい業者を探す事が出来ればほとんどの場合、査定価格は期待できます。
その為にもかんたん車査定ガイドの利用は不可欠だと思います。

 

 


 

 

中古車業界では、カーセンサーの知毎度、情報量、利用者数は最大級だと思います。そのカーセンサーの中古車一括査定サイトが、カーセンサーネット簡単査定
車買取一括査定サイトの中でも提携業者数は最大級で、全国に多くの業者と提携しているので、地方の方でmini、ミニの売却を検討されている方は、カーセンサーネット簡単査定は便利で役立ちます。

 

1度の登録で最大30社は少し多い気がしますが、30社の問い合わせが来ることはないと思いますので気にする必要はないと思います。
カーセンサーのネットワークで輸入車からコンパクトカーまで高値査定が期待できる業者探しに役立つ無料の査定サイトです。

 


miniクーパーの査定体験

2010年式のミニクーパーの売却体験談です。R56のミニを売却することにしたのですが、購入した店舗に持ち込んだのですが、査定価格は思っていた以上に低く、思わず売却するのを踏みとどまりました。

 

新しい車を購入する頭金にするために、出来るだけ高く売りたいと思っていたのですが、新しく購入する車のディーラーでも査定を依頼しましたが、そこでも思わず、えって言ってしまうほどの査定価格でした。

 

年式的にも中古車としいては微妙なミニでしたが、大事に乗ってきた車で、オイル交換も3000km毎にやっていました、走行距離も36000kmで年式的にはそれほど走っていない中古車だと持っていましたが、査定価格は期待できる金額は出なかったですね!

 

これは私の友人の話ですが、友人は2010年のミニの売却で私のところに相談に来ました、そこで私は、ネットの車査定サイト、かんたん車査定ガイドで一度、査定を取ることをすすめました。
友人は、その場でスマホからミニの情報を入力して登録したところ、すぐに電話が掛かってくるわくるわで合計8社から買取り希望の電話が掛かってきました。
ここまでは予想道理で、私も以前、かんたん車査定ガイドを利用して愛車の売却をした際と同じでした。

 

ここから私のアドバイスで、電話遺対応の良かった業者を数社選び、同じ日、同じ時間に同時に出張査定するように言いました。友人も素直に同じ日の査定を5社依頼したようです。

 

当日は、私は立ち会えませんでしたが、友人の話では、同時刻の査定は気が引けたと言っていましたが、実際は、業者間の価格の駆け引きなどで、意外に買取価格が高くなり、持ち込んで査定をした時よりも23万円の高値が出たそうです。もちろん業者も即決してくれるならこの金額で買い取りますなど、その場の契約の条件でしたので、納得できる価格という事で売却を決めたそうです。

 

車買取一括査定サイトを利用して複数査定を受ける際には、手間や時間の短縮も考えて同じ日に同時に査定する方法をおすすめしています。この方法なら価格交渉の手間も省けるので交渉下手な方でもある程度の査定価格を引き出すことが可能です。

 

また、人気車種や希少性のある車種の場合、思っている査定価格よりも大幅なアップも見込めます。
同じ日に査定をするメリットは多く、その場で売却が成立した場合、他の業者に断りの電話をする手間も省けます。
ただ、業者間の駆け引きなど気を使うという場面の有るので女性の方などは1人での出張査定ではなく友人や出来れば男性の方に同行して頂くことをおすすめします。


年代別のmini

初代mini (ミニ)

2001年にそれまでローバーミニとして40年近く愛されてきたミニからBMWミニとして発売されたモデルです。
ローバーminiは、先代ミニ、クラシックミニなどと呼ばれている、年配の方ならミニクーパーと言えば、ローバーミニですね!
そのミニを受け継ぐ形で発売されたのが、BMWミニで、2001年にR50型、R52型、R53型で発売され、コンパクトカーとして人気車種になりましたね!
先代ミニに比べて車体も大型化され、エンジンも大型化されています。ハッチバックのデザインはminiの魅力の1つで、グレードも3車種で自分の用途に合わせた車種選びも容易です。
初代miniは、2001年から2006年まで発売されたモデルです。

 

2代目mini (ミニ)

2006年にイギリス、ドイツで発売された新型miniは、2007年に日本で一部が発売され、本格的に移行したのが2009年からで、R55型、R56型、R57型、R58型、R59型、R60型、R61型が発売されました。バリエーションが3車種から7車種に増えたことで、車種選びの楽しみも増えたと言えます。
一気にモデルが増えたことで、自分好みの車種、モデルを選べることが出来るようになりました。カラーバリエーションも増え、個性的なminiを街中で見かける機会が増えたのではないでしょうか?

 

3代目mini (ミニ)

2013年にモデルチェンジされたminiは、3ドアモデルと新たに5ドアモデルが発売されました。5ドアモデルは、ボディサイズの関係上、3ナンバーになり、ミニというには、大きくなってしまった感が有りますが、デザインは初代から受け継いでいます。
F54型、F55型、F56型、F57型が発売されています。3ドア、5ドア、カブリオレと選べるのも魅力ですね!
miniの魅力は、個性的なデザインと豊富な社外パーツで自分好みのカスタムが出来る所ではないでしょうか?

 

ローバーmini(先代ミニ)

1959年に発売された先代ミニは、デザインを変えることなく40年近く発売された人気の自動車だと言えます。今でのローバーミニは人気が高く、中古車市場でも年代を問わず、売買されています。
年式や程度によっては、プレミア価格で売買出来ることもあるローバーミニ、先代ミニは、これからも愛される車だと言えます。
ローバーミニに専門店もあり、大事に乗っておられるオーナーさんも多く、BMWミニとはまた違う魅力の車がローバーminiです。

 

年代別mini(ミニ)の無料一括査定

初代mini 2代目mini

初代mini無料一括査定

2代目mini無料一括査定

3代目mini ローバーmini

3代目mini無料一括査定

ローバーmini無料一括査定

ローバーminiも中古車として需要が高い

BMWのminiの中古車売却方法を紹介してきましたが、miniと言えばローバーminiという方も多いと思います。特に年配の方や個性的な自動車が好きな方は、先代ミニ、ローバーminiに興味のある方、オーナーさんも多いと思います。

 

ローバーminiと言えば、1959年から2000年まで発売されたロングセラーモデルで。デザインもほとんど変わらず、軽自動車サイズのボディサイズで1000ccのエンジンを積むminiは走りやエンジン音なども魅力が有りますね!

 

また、社外パーツも多く発売されているので、自分仕様の改造が出来るのも魅力です、メーター周りをウッド調にしたり、エンジン、マフラーなど改造パーツはたくさん発売されているモデルで、専門店などもありますね!

 

BMWminiよりもローバーminiの方が未だに人気が高いモデルまもしれません。普通の車なら年式的には中古車として価値がなくなる車ですが、ローバーminiは、希少価値などもあり、年式などには左右されにくく、どちらかと言えば、希少価値が優先されます。
先代ミニ人気は、衰えることはなくマニアも多く、これからも需要は高まると予想されます。
最終モデルから15年以上経ち、中古車流通台数も減少傾向にある、ローバーminiは、これから中古車価格の上昇も予想されます。実際に年式やグレードによっては、中古車販売価格が高額になっているミニも有りますので、miniを売却される際には、売却するminiの中古車としての価値を知ってから売却することをおすすめします。

 

自分のminiの価値が分からないまま売却することを避けるために利用したいのが、ネットの車査定サイトです。中でも提携業者数が多い車買取一括査定サイトを利用すれば、miniの中古車査定価格がおおよそ分かります。専門店などとも提携しているサービスもありますので、正確に先代ミニ、ローバーminiの買取価格を知ることが可能だと思います。

 


mini(ミニ)の魅力を見直そう

miniクロスオーバーを乗っていて感じたことをお話をしていきたいと思います。

 

この車を見た瞬間、なんでこんなに大きいんだって感じてしまいました。

 

このクロスオーバー、SUV風派生モデルで、基本のハッチバックに対して、mini初の全長4m超え、4ドア、4WDも選択可能であります。

 

すごいことですよね。

 

大きい分かなり中は広くなっていて家族向けにはいいのかもしれません。

 

しかしながら自分は1人でいつも乗っています。

 

乗ってみて思うことは、オプションでリアには両手がふさがってても足のキックジャスチャーでバックドアを電動開閉できる「オートマチック・テールゲート・オペレーションを装備可能です。

 

これをやったらBMWになってしまいますよね。

 

初めて買った時の印象はゴツゴツしているんだなあと思いました。

 

なんかジープみたいな感じだなと思います。

 

前後フェンダーには意外にワイルドに角張っているし、ヘッドライトも同じく角張っています。

 

グリルも両端の踏ん張りが増しており、さらに四駆のモデルについては、バンパー下のインテークやメッキパーツが加わってワイルド感が増しています。

 

どっちを選ぶかは好みが分かれそうです。

 

ヘッドライトはLEDなのでとっても便利ですよ。

 

現在ミニクロスオーバー クーパー D に乗っています。この車を選んだ理由はなんといってもそのおしゃれなデザインです。日本車は性能は良いでしょうが、デザインに冒険心が無く、退屈な感じがしていました。しかし、こちらの車はレトロテイストなデザインながら、その配色や丸みを帯びた形といい、とってもおしゃれです。屋根の白色とボディの青色のコントラストもとてもさわやかです。地方都市在住ですので、ほとんど同型の車は見かけず、会社でも注目されています。

 

外見だけでなく、内装も素晴らしいです。メーターやオーディオ周りなどすべてが車体と同じく丸みを帯びており、観ているだけで調和がとれた美しい室内空間です。かといってムダな機能がついているわけではなく、ハンドル内のボタンでほとんどの操作ができるという便利さです。また、シートの座り心地も抜群で、沈み込むような感触があり、長い運転も全く苦になりませんでした。

 

走りも快適です。ハンドルの重みを感じたり、外車にありがちな車体の揺れもありませんし、カーブも快適に行えます。

 

デザインだけを見て決めた車でしたが、外見だけでなく内面も優れた車でした。ハイオクなので、多少燃料費は掛かりますが、一度運転したら手放せない車ですよ。

更新履歴