輸入車、外国車の中古車査定が不利な訳

国産車と違い、輸入車、外国車の中古車を売却する際に、査定価格が思っている以上に低い価格になることは少なくありません。
国産車なら、ディーラー査定である程度の価格で買取していいただけることがほとんどですが、輸入車、外国車は、ディーラーでも思うような査定価格で買取して頂けない事や、買取不可のケースもあります。

 

これは、輸入車、外国車の輸入方法が様々だからと言えます。人気の輸入車、外国車(メルセデス。BMW、ワーゲン、mini)の場合、正規代理店と並行輸入車というのをよく聞きますね!
正規代理店の輸入車なら国産車同様、査定が不利になることは少ないのですが、並行輸入や個人輸入など正規代理店を通さずに輸入した外国車の場合、中古車としての信頼度が低くなり、中古車販売価格、中古車買取価格とも正規代理店の輸入車に比べて安くなる傾向にあります。

 

並行輸入車の外国車は、中古車査定で不利になることも多く、輸入車、外国車の中古車査定が不利になると言われるのは、この世紀代理店を通さずに輸入された輸入車、外国車の事だと言えます。

 

逆に正規輸入代理店の輸入車、外国車なら国産車同様、正規代理店がディーラーですのでディーラーが買取してくれますし、中古車販売店や車買取業者も正規輸入車か並行輸入車かで査定価格も大きく変わることが多く、外国車の査定価格の差が大きいと言われる理由の1つです。

 

正規輸入車は、代理店で、修理や保証などを受けることが可能ですが、並行輸入車は、正規代理店での修理などを受けることはまず、出来ません。保証などもなく故障の際の修理代も高くなることもあります。

 

輸入車、外国車の場合、正規品と並行輸入品では、中古車査定の際に100万円、数百万円以上の差が出ることも珍しくなく、並行輸入車を相場よりも安く購入できたとしても売却の際に、損をすることも良くあることです。

 

今回紹介にminiも正規輸入車と並行輸入車との差が大きく、査定価格も大きな差になることも珍しくありません。
輸入車、外国車の査定は不利になるというのは、並行輸入など正規代理店を通さずに輸入された車が多く、メンテナンスの不安などから中古車としての価値が半減することが多いからです。
最近の輸入車、外国車は、故障が少ないと言われますが、調子が悪くなった際に、正規代理店の修理を受けることが出来ない事は、自動車としての価値の半減になるのではないでしょうか?